ジョナサンの羽根

人生の半ば途中で、嵐に遭遇してしまう                                                   もう一度、晴れ渡る空めざし。。。ウロウロ迷走飛行中~

大阪エネファーム訴訟、傍聴してきた

先日、大阪エネファーム訴訟の傍聴に行ってきた
大阪エネファームって言うと、大阪人が起こした訴訟と思うかもだが

これは、神戸市在住のエネファーム被害者さんの訴訟だよ

神戸の振興住宅地の、はしりのような場所
月日が過ぎてタウンも成熟通り越し、街も住む人も古くなってきたような
リホームやら建て替えやらの時期迎えた家がずらーっと並んでる
そんな神戸の閑静な郊外住宅地、そこで起きた被害が調停から訴訟になった

さてさて、そんな全国初のエネファーム訴訟、傍聴で感じたことを
好き勝手、感じたままに書いてみる

第2回目の、この日はスクリーンを使い、資料を見せながらの意見陳述でスタート
被害に遭う前、これまでに至った流れを伝えておられた
まるで短いドキュメンタリーのようだった
これを見た同じ被害者なら共振して身体も心も震え泣けてくるだろう

もちろん、怒りで震え、悔し涙が出てくる、のほうですよ


そんな被害者の苦悩がわかる意見陳述を
相手方の代理人や弁護士、積水ハウス、大阪ガスはどう感じたのだろうな
まぁ、教えてもらえることなどないだろう、残念な気分

が、しかし、ひとつ言いたい
代理人て何よ、何でここに一番被害を知るべき相手、隣家がいないのか
業者任せ、大きなものをバックにして、いいご身分だな

エコキュートでもエネファームでも住宅エコ機器被害は
民民不介入で「当事者同士で話合え」と自治体は言っている

これは、ガチでやれってことだよ
被害者同士は対等にってことだ

それが、代理人任せ、被害音源所有者の隣家は出て来ず
誰に訴えてると思ってんの?

業者は、ただただ自分達の保身の為にだけ出てきてるだけだよ
関係ないと言うなら、客でも放置でいいはずが
弁護士まで用意して「仕事」してくれてる

とても心強い相手がついて、後ろから見てるだけでいいんですね

何故ここまでしてくれるのか所有者隣家は考えたことあるのかな
自分たちが、この問題に一番深い関係がある
被害起こした当事者だとわかってるからだよ
所有者の隣人放置だと、被害者とタッグ組まれて訴えられたりしたら大変なんだよ

だって、本来は
「お隣が不眠になって身体壊したと訴えてきた、傷害罪で捕まるやんかー
どんな仕事してくれたんじゃ?責任とれよ」
と、所有者は怒りを業者の方に、ぶちまける事が正しいはずなんだわ

でも、多いパターンが
業者に「隣家が勝手に言ってること、法律に違反してないから、こちらは悪くない」
とか色々諭されんだろう、自分で調べもせずに、業者を味方につける方が楽そうだ
それに、自分が故意でなくても加害者になったなんて認めたくない
何か傷がつく感じがする、今後もずっと申し訳に気持ちでいなきゃいけない
そんなことプライドが許さないわ

まぁ、隣家の脳内など空想ですが、こんなとこでしょう
被害が解消しないケースの隣家、業者は共通してる事多い、似てるのよ
パターンが同じタイプばっかで、正直呆れる

自分たちが傷つくのは許さない、これは性格としても、では他人ならいいのかよ
しかも自分家の設備で傷つけてるんだよ

被害者さんは、調停で「うちは何もしません」という音源所有者隣家の考えのせいで、
訴訟まで起こさなきゃいけなくなった

それで、関係者が皆、ここ大阪地方裁判所に集まってんのに
所有者の隣家自身が出てこないって、いったい何様なんだよ

あぁ、加害者様でしたね、顔出せない訳だ、となるぞ
少なくとも第三者には印象すこぶる良くないね
第一回の時の関係者の態度も、もう一つに見えた、
第二回は少しまともになってたように感じたけどね
せめて一度くらい隣家当人が出てきて「たしなめたら」いかが
自分の印象悪くなるような態度しないでねって

なんせ、傍聴席全て埋まるほどの関心の高さなんだから
そのうち、マスコミにも報道されるだろうから
少しは気を使ってた方がいいんじゃないのかな

裁判官も何でもかんでも、代理人OKを認めちゃダメね
この設備に関してどうするか決めるのに、所有者の考えがいるだろう
いちいち代理人が後日確認してから、となるのは時間の無駄だよ

被害は起きてしまった、などと交通事故の被害者のように終了してないの、この被害は
途切れることなく、現在も被害継続中、被害者はまだ渦中の人なんだよ
苦しい中で闘ってんの!
車に轢かれ、まだ車体の下から救出されずに瀕死の状態で訴えてる、そんな状況だよ
裁判は無駄に時間かけず、迅速に!!進めてください!!ですよ
他の被害と同じと思うな!

しかも、意味がわからんよ
「エネファームは24時間稼働しない、低周波音など出ていない」
「勝手に、被害訴えてるだけ」とか主張してるらしいからさ

好き好んで、勝手に被害者面する必要がどこにあるんだよ
何も得することないだろう、いや全くないよ!

得どころか、無駄に時間使って全くマイナスだろう

たいがいの人は、人生楽しく生きるために時間も金も使うんですよ

では何故、その貴重な時間と金を使ってまで訴えるのか
「自分の人生を幸福に生きること」、これを邪魔したからだよ
幸福に生きようとしてるのに、それを妨害されたから訴えてるの

この被害、とどのつまり、憲法違反、人権侵害なんだよ
だから人格権の侵害で訴えられてんだよ

被害者が意見述べたのだから、隣家も意見を言うべきだ
聴きたいのは業者の意見、考えじゃないんだわ

人権侵してませんと堂々と言ったらいいんだ、隣家は自分は間違ってないんだろう

しつこいが、自分が所有して利用して、そして隣家に被害与えてること
この事実を、真剣に受け止められてんのか、疑問だわ
代理人では、そこが見えてこないんだわ
だからこそ、隣家は出て来ないといけないと思うね



住宅エコ機器被害は、簡単に言えば、ただの湯沸し器、ちょこっと電気作れる機械
その程度の働きするだけの設備に、近隣住民が健康被害に遭い、自宅に住めなくされ
身体も経済的にも、大迷惑かけられてしまう被害

エコキュートではね、自殺者もでてるんだよ
夜間電気料金体制のせいで、夜中から早朝に稼動するから不眠にさせられんだよ
これがエネファームになると、一日中稼動してるんだって
どれほど酷いか、わかるよな、もう凄すぎて怖いくらいかも想像超えるわ

一日二日徹夜した後に眠るなって言われたらどうか
普通は耐えられず寝ちゃうだろ
でも眠れないようにされるんだ、機械の稼働で

これは、拷問だよ

拷問て禁止されてんじゃないの?
時代劇でしか見たことない人も多いよな
でも現在の拷問道具だよ、エコ機器ってのは
拷問道具を、エコとか呼んで最先端の技術って言ってんだよ

テロを、報復とか戦争とか言わず、「神の思し召し」って言えば許されるのか
それと同じ、被害に遭い、人生狂わされ、命亡くすような目に遭った被害者には
どう呼ばれようが関係ない、巻き込まれたことに対する怒りしかないだろう


エネファーム被害は今後も他でも控えてるね、次々起こるよ、全国で
テロがあちこちで起きるのを、さて止めるか、自分が被害者になる日を戦々恐々と待つのか
被害に遭った国も国民も「テロには屈しません」ていう気持ち、すぐに広まるのにね
エコ機器はまだまだだね、報道しないからだよ、目に見えないものほど脅威なのにさ

私は、テロより怖いね、低周波音被害者にとって隣人はテロリスト以上に悪魔だもの


次回も公開されるとのこと
たぶん、エネファーム被害は対岸の火事ではなく、これは未来の公害になる
環境勉強する学生や、弁護士目指す学生は傍聴に来たらいいんじゃないの

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-11-25(Wed)00:10 [編集]